見どころ

1

世界屈指のコレクション初来日

本国のバレル・コレクションが閉館中のため実現した、日本での本展開催。
出品作品80点のうち76点は日本初公開の名画が勢揃い!

2

知られざるドガの傑作《リハーサル》初来日

繊細かつ大胆な構図と色彩が美しい本作品。
2016年にオーストラリアで開催され、世界70以上の美術館から出品されたドガの大回顧展(Degas. A New Vision)の図録では表紙を飾った、世界が認める名作。

3

バレルにフランス美術を紹介した画商の肖像画

英国内のフランス美術コレクションの礎を築き、バレル・コレクションの形成に尽力した敏腕画商、アレクサンダー・リード。彼と親交のあった巨匠ゴッホが描いた肖像画を紹介。

フィンセント・ファン・ゴッホ/アレクサンダー・リードの肖像
フィンセント・ファン・ゴッホ
《アレクサンダー・リードの肖像》

1887年、油彩・板 42×33 cm、ケルヴィングローヴ美術博物館蔵
© CSG CIC Glasgow Museums Collection

展覧会構成

1916年、海運王として財を成したウィリアム・バレルは、スコットランドとイングランドの国境にあった自宅であるハットン城にも作品を収蔵し、自身のコレクションに囲まれながら暮らしました。
そうしたバレルの自慢の絵画群を次のような構成で展観します。

序章

英国の海港都市グラスゴーと、海運王と呼ばれ美術コレクションを築いたウィリアム・バレルの人物像やその生涯を当時の写真や、親交のあった画商の肖像画(ゴッホ作)などを通して紹介します。

1第一章身の回りの情景

人物、果物、花など、部屋の中の静謐かつ親密な情景が描かれた作品群。

1-1 室内の情景

スピネットを弾く女性
フランソワ・ボンヴァン
《スピネットを弾く女性》
1862年、油彩・カンヴァス 43.8×33.6 cm
© CSG CIC Glasgow Museums Collection

1-2 静物

エドゥアール・マネ
《シャンパングラスのバラ》
1882年、油彩・カンヴァス 32.4×24.8 cm
© CSG CIC Glasgow Museums Collection
アンリ・ファンタン=ラトゥール
《春の花》
1878年、油彩・カンヴァス 29.2×24.1 cm
© CSG CIC Glasgow Museums Collection

1第二章戸外に目を向けて

家の外、街中、郊外へと戸外に広く目を向けて、その景色や、生活・仕事を営む人々、動物を描いた作品群。

2-1 街中で

スピネットを弾く女性
ウジェーヌ・ブーダン
《ブリュッセル、旧魚市場》
1871年、油彩・板 25.7×46.3 cm
© CSG CIC Glasgow Museums Collection
ジョゼフ・クロホール
《二輪馬車》
1894-1900年頃、水彩、グワッシュ・麻布 30.5×36.8 cm
© CSG CIC Glasgow Museums Collection
エドガー・ドガ《リハーサル》
エドガー・ドガ
《リハーサル》
1874年頃、油彩・カンヴァス 58.4×83.8 cm
© CSG CIC Glasgow Museums Collection

2-2 郊外へ

フォンテーヌブローの農家
カミーユ・コロー
《フォンテーヌブローの農家》
1865-73年頃、油彩・カンヴァス 55.9×46.3 cm
© CSG CIC Glasgow Museums Collection
エトワール山稜とピロン・デュ・ロワ峰
ポール・セザンヌ
《エトワール山稜とピロン・デュ・ロワ峰》
1878-79年、油彩・カンヴァス 49.2×59cm、ケルヴィングローヴ美術博物館蔵
© CSG CIC Glasgow Museums Collection
画家の庭
ピエール・オーギュスト・ルノワール
《画家の庭》
1903年頃、油彩・カンヴァス 33.2×46 cm、ケルヴィングローヴ美術博物館蔵
© CSG CIC Glasgow Museums Collection

1第三章川から港、そして外洋へ

海運王と呼ばれ、港や海への想いが人一倍強いであろうバレルが選んだ海景画を中心とした水辺の景観の作品群。

3-1 川辺の風景

ガイヤール城
シャルル=フランソワ・ドービニー
《ガイヤール城》
1870-74年頃、油彩・板 38.1×68.6 cm
© CSG CIC Glasgow Museums Collection

3-2 外洋への旅

トゥルーヴィルの海岸の皇后ウジェニー
ウジェーヌ・ブーダン
《トゥルーヴィルの海岸の皇后ウジェニー》
1863年、油彩・板 34.3×57.8 cm
© CSG CIC Glasgow Museums Collection
マドモワゼル・オーブ・ドゥ・ラ・オルド
ギュスターヴ・クールベ
《マドモワゼル・オーブ・ドゥ・ラ・オルド》
1865年、油彩・カンヴァス 92.1×73.7 cm
© CSG CIC Glasgow Museums Collection
船舶(ル・アーヴルまたはオンフルール)
カミーユ・コロー
《船舶(ル・アーヴルまたはオンフルール)》
1830-40年頃、油彩・紙、板 17.1×27.3 cm
© CSG CIC Glasgow Museums Collection
月明かりの入り江
アンリ・ル・シダネル
《月明かりの入り江》
1928年、油彩・カンヴァス 64.5×81.3 cm
© CSG CIC Glasgow Museums Collection
ドーヴィル、波止場
ウジェーヌ・ブーダン
《ドーヴィル、波止場》
1891年、油彩・板 27.9×21.9cm
© CSG CIC Glasgow Museums Collection

©CSG CIC Glasgow Museums Collection